SoundFlowerは、Macに放送用の仮想チャンネルをインストールするプログラムです。
LadioCastを使う際に、音の入出力チャネルとして必要ですので、ダウンロードし、インストールしてください。
ただし、soundflowerをインストールすると同時にインストールされるSoundFlowerBedは、余程のことが無い限り使う必要がありませんので、起動する必要はありません。
むしろ起動してアレコレいじってしまうと思わぬ動作をしてしまうので、「立ち上げない方が良い」と思ってください。
インストールは、この文章の先頭のリンクからDownloadをたどって、Soundflower-x.x.dmg(xはバージョン番号)をダウンロードし、ダブルクリックするとマウントされるディスクから、インストーラーを起動するだけです。

放送に、iTunesなど、出力先の音声デバイスを個別に切り替えることが出来ないアプリケーションの音を配信したい場合は、
Macの再生音全体の出力先をSoundFlowerなどに、変更する必要があります。
その変更方法には一家言ある方がたくさんおられて、いろいろな方法があるらしいのですが
自分がやっている方法は、まず下図の様にシステム環境設定から、サウンドの設定を開きます。

soundpreference

ここでする事は、赤で囲った一番下の「メニューバーにボリュームを表示する」にチェックを入れることだけです`。
次に、メニューバーのボリュームをクリックしてみると、下図の左の様な表示になると思います。
それをオプションキーを押しながらクリックすると、下図の右の様になるので、

volumemenu.png

放送の時は、この、オプションキーを押しながら音量メニューをクリックして、音声の出力先をSoundflower (64ch)などのデバイスを選択すれば終わりです。
簡単でしょ?

LadioCastは、Windowsでいう所のステレオミキサー的な役割のプログラムです。
実際の使用には、隣のTABのSoundFlowerと組み合わせて使う事になると思いますので、SoundFlowerをインストールしておいてください。

SoundFlowerをインストールし終わった後でLadioCastを起動すると、次の様な画面になると思います。

ladiocast"

仕組みは追々憶えていって貰う事にして、まずは左半分の入力側です。

  1. Input 1のポップアップメニューをSoundflower (2ch)に
  2. MainOutputのポップアップメニューをSoundflower (16/64ch)に
  3. 放送に自分の音声を乗せたい場合は、Input2で、内蔵マイクや外付けマイクを選んでください
以後はこの設定が前提で説明をしていきますが、僕は趣味の問題で、2chと64chを逆に使っています。
次に、右半分の出力側を設定していきます。
これは「ミックスされた音を送り出す」ので、選んだ音源(チャネル)をMain Outputにまとめると理解してくれれば良いかと思います。
  1. Main OutputのポップアップメニューをSoundflower(16/64ch)にします。
    このMain Outputが生放送に送り出される音源です。
  2. 放送音をモニターしたい場合は、Aux Output 1で内蔵出力やヘッドフォン出力を選びます
そして何やら手で書きました感満載の部分の説明に入ります。 今回は、SoundFlower(2ch)に送り込まれる音と、自分の声を放送に送り出したいので、Input1, Input2, MainOutput, Aux Outputだけを使います。

CamTwistはスライドショーや、動画ファイル、デスクトップ画面を配信するためのソフトです。
これも凝り出すとキリがないので、エフェクトなどは別途おぼえて頂くとして、最低限の設定は、下の図の環境設定になります。

続いて、Generalというタブに移って、

camtwistgeneralvideo camtwistgenral

環境設定が終わったら、放送にどんな映像を配信するかを決めます。
それが、一番左のStep1になり、選んだ配信方法を枠の外、一番下の

選んだソースが配信されます。
多分、一番使うのは、Desktop、 Slide Show辺りになるのかと思います。
Desktop+は、10.8でマウスカーソルを表示すると、ずれた場所に巨大なマウスカーソルが現れるという不具合があるので、10.8の方にはお勧め出来ません。

camtwistsample

簡単配信でも最近はかなり画質が良くなりましたが、調整次第でより高画質・高音質な配信を行うための外部配信ツールが
Adobe Flash Media Live Encoderです。
略して、FMLEやFMEと呼ばれることが多いです。
これは設定が多いので、ステップ毎に説明することにして、まずは全体画面から
最初に、プレビュー画面を表示すると表示にCPUを使うため、CPUへの負荷が大きくなるので、全部チェックを外すの所のチェックを外しましょう
fmlefullscreen
まずは①の映像ソースの設定からです。

  1. 映像入力元の指定
  2. まずは、配信する映像を、どのデバイスからの映像にするかを決めます。
    下の図のように、Device:というメニューがあるので、その中で配信元にしたい映像ソースを選んで下さい
    fmlevideoinput
  3. 映像フォーマットの決定
  4. 配信する映像のフォーマットを決めます。FMLEが配信できる映像のフォーマットは、
    • VP6比較的軽い、汎用性が高い。
    • H.264(やや重い。視聴者側の再生ににもCPU負荷がかかる)
    の2種類があるので、画質を優先するか、CPUの負荷を減らすかでどちらの配信方法にするかを決めて下さい。
    fmlevideoformat
  5. フレームレート、画像サイズの指定
  6. 下図のピンクで囲った部分の数字を、先のCamTwistの環境設定で設定した数字に合わせて下さい
    また、小さなピンクで囲った部分のサイズをInput Size:と同じになるように、手入力で合わせてください
    videosizerate
  7. 音声ソースの決定
  8. 次は、一つ右側、②の音源に関する設定です。
    図のように、AudioのDevice:メニューをクリックして、音源を指定します。
    先にLadioCastからの音声出力はSoundflower(64ch)にしたので、ここを同じくSoundflower(64ch)にします。
    audioinput
  9. 音声圧縮フォーマットの設定
  10. 続いて、音声をどのフォーマットで圧縮するかを決定します。これは2の映像フォーマットによって選べるフォーマットが多少異なり、
    映像フォーマットが
    • VP6の時は、MP3かNerryMoser
    • H.264の時は、AACかMP3
    が、選べます。ここでフォーマットを選んだら、サンプルレートは44100Hz、Bit Rateは64~92辺りでそこそこの音質で配信が出来ると思います。
    次にボリュームは、FMLEを使うと音量が下がるので、入力ボリュームは右いっぱいに振って下さい。
  11. ビットレートの設定
  12. ここは結構大事なので、太字にしてみました。
    下図のビデオ設定と、オーディオ設定の部分を調節して、ニコニコ生放送に送り出すデーターの量を決めます。
    この数値は大きければ大きいほど、画質・音質が向上するのですが
    • ピークタイム:夜10時(22時)〜翌2時までは384Kbps
    • それ以外の時間帯は480Kbps
    が上限となるのですが、FMLEで設定できるのは「大まかな平均値」で、瞬間最大風速的にはこれを上回ることもあります
    なので、時間帯毎のビットレートの設定は、約30Kbps位低めに設定しておくのが良いと思います。
    そのためには下の図の左側、四角で囲んだ部分を手入力で調整して、右側、下線を引いた部分を先の値になるよう調整して下さい
    bitrate
  13. 設定の保存
  14. 以上、それぞれのパラメータを調整することで、静止画でおしゃべりや動画など、音質・画質のバランスを変えた設定を色々作りたいことがあると思います。
    そういう場合は、FMLEのファイルメニューに「Save Profile」という項目があるので、解りやすい名前を付けて保存して下さい。
    ここで注意する点は、FMLEから保存する際に漢字を使うと文字化けしてしまうので、アルファベットだけのファイル名にして下さい
    実際にその設定を使う場合は、ファイルメニューの「open Profile」で、作成したプロファイルを読み込みます。
  15. 放送毎に行う事
  16. 以上が設定になるのですが、実際に放送を行う時には「このデーターはこの番組にデーターを送り込んでいるよ」と、教えてあげる必要があります。
    そのため、配信を開始する前に、番組情報を設定します。
    それには、放送を開始する画面で、まず、下図の外部ツール配信を選びます
    exttool
    すると、下図の様な情報が出てきますので、二本の矢印の通りに、左のテキストをコマンド+Aで全選択して、FMLEの画面にペーストします。
    rtmp
  17. 放送の開始
  18. お疲れ様でした。これで放送が開始できるようになります。 上図の緑で囲った部分(テスト配信で画面を確認したければ上の、そのまま配信で良ければ下の)ボタンをクリックして配信を開始します
    同様に、FMLEの画面の一番下にある、緑のSTARTボタンを押せば、FMLEからのデーター配信が始まります。
    この順番は、どちらが先でも構いません。
    これで放送が開始されるはずです。お疲れ様でした

Open Broadcaster Softwareは、比較的新しい動画エンコーダーで、64bitで動作し、FMLEに比べて軽量・高画質な配信が可能です。
また、画像ソース・オーディオソースミキサーも兼ねているので、シンプルな設定ではCamTwistを使わないで配信も出来るため、
この点からも、CPU・メモリー負荷を抑えて、軽快な配信が可能になっています。

それでは、以下、順次設定を行っていきます。

  まずは言語設定です。解りやすいように日本語で(かなりわかりやすい英語なので、英語でも構いませんが)
変更したら、一度「OK」を押した後、再起動します。再起動後に言語の設定が反映されます。

一般

  次にニコ生の仕様・制限に基づいて
①映像ビットレート、②音声ビットレートの合計が、

未満になるように、調整します。
この値が大きすぎるとサーバーから切断されてしまいますので、特に注意して設定して下さい。

③の試行は、上の「自動的に再接続」にチェックを入れた時に表示されるデフォルトのままで充分です
④は「高度なエンコーダーの設定を有効にする」にチェックを入れると現れるので、veryfirstかfirster辺りへ設定するのが良いと思います

出力

  続いて音声の設定です。上から順にドンドン行きます

デスクトップ音声デバイスのみ設定して、後はLadioCastで設定するのも手です。

音声

  映像は出力解像度とFPSのみ設定します。
出力はニコ生の最大画面に合わせて640x360(アス比16:9)にすることをお勧めします。
FPSはゲームなどの画面の書き換えが多いものは30、普通は20でもさほどカクツキの少ない動画が配信できると思います

映像

  以上で環境設定の設定を終えたら、入力ソースの設定を行っていきます
入力ソースは

尚、今現在、デスクトップキャプチャー、ウインドウキャプチャーは出来ますが、選択範囲のキャプチャーはOBSでは出来ません
そのため、選択範囲のキャプチャーを行う際はCamTwist(3.0)との組み合わせで行う必要があります。

そして配信開始です。 OBSを立ち上げ、①の設定ボタンを押し、「配信」を選び、配信種別をカスタムストリーミングサーバーにします。
平行して、ニコ生の配信準備も行います。配信準備が終わったら、
外部ツール配信を選び、画面のFMS URLとStream Keyをそれぞれ赤線・緑選の様にコピー&ペーストします
貼り付けが終わったら、OKボタンを押して、通常画面に戻り、③の配信開始ボタンを押します
すると、配信画面に、OBSでプレビューされている画面が配信されるので、それを確認したら、放送を開始しましょう。

以上が、OBSを使って配信を行う大雑把な設定と流れです。
FMLEで配信を出来ている方ならさほど難しくは無いと思うので、是非チャレンジしてみてください。

手前味噌で申し訳ありませんが、外部ツール配信でFMLEを使おうとすると設定が面倒くさいですよね?
そこで、CamTwistとFMLEの設定で、ビデオサイズやフレームレートを合わせつつ、FMLEのプロファイルを作りやすくするためのツールがこの
NiConfigMakerです。
使い方は、CamTwist, FMLEの両方がインストールされていて、どちらも起動していない状態で、NiConfigMakerを起動してください。
すると、下の図のような画面になりますので、最低限、赤字の所を好みの画質・音質で設定していきます。 その時に、CamTwistとFMLEで、ビデオサイズやフレームレートが異なる場合、左上のボックスの「〜を同期する」にチェックを入れると、ビデオサイズやフレームレートが同じになるように「CamTwistの」設定を修正してくれますので、フレームレート、ビデオサイズが揃ったら、環境設定に変更を反映ボタンを押して、CamTwistの設定を変更します。

niconfigmaker

VoxはiTune代替のオーディオプレイヤーです。
このコンテンツを書いている最中に、新しいバージョンのβがリリースされていました。
おかげで、そのままでも充分推しプレイヤーだったのですが、一推しプレイヤーに化けました。
Voxをお勧めする理由は

この2点です。
たった2点と思うかも知れませんが、(Okayuでの棒読みの音声など)音声の出力先を選べないソフトを別に使っていなければ
放送の度に音声の設定をしなくて良く(←ここ重量)、しかもiTunesのアルバムをそのまま選べるので、BGMを流すには最適です。
しかも、以前のバージョンでは、環境設定からしか選べなかった音声の出力先が、プレイヤーパネルから選べる様になりました。
これで、ますますVoxが手放せなくなってしまいました。
以下がスクリーンショットです。

次は、Skypeで凸や通話内容を放送に載せる場合です。
これも、LadioCastでのミックスになるので、音声がどういうルートを辿れば放送に乗るのかを考えていきます。